「ほっ」と。キャンペーン

最近びっくりしたこと

最近、立て続けに同じような例を5件くらい見聞して、すごく驚いたこと。
いつの間にか、知り合いの奥さんが違う人になっている。

海外では学会などに奥さん・子供同伴でいらっしゃる人をみかけますが、4,5年みないうちに、「奥さま」がすごい若い人にすりかわってるの~。
前の奥さんとは懇親会などで、けっこう楽しくお話したりしていたので、びっくり仰天を通り越して、なんだか悲しい。

で、だいたいのところ、新しい奥さんは、指導していた学生とかなのです。怖すぎる。
我が家も、学生さんからのアプローチ、去年もありましたよ~。たぶん毎年あるんじゃないかな。クソ真面目な妻帯者でも、女子学生から見ると素敵に見えるようです。確かに私が学生の頃も、先生狙いの子が数人いたな~。
うちは安心って思っていますが、その最近のびっくり仰天も、「え~、あの人が!」っていうのもあるので、ウカウカできないな。

[PR]
by ivydesousa | 2015-06-15 14:29

さよなら、新浦安

引っ越しが落ち着いたばかりですが、またもや引っ越します。
今度は同じ町内でのプチ引っ越しではなく、市町村が変わります。
新浦安の町とはついにさようなら、、、。そして千葉県ともさようなら。

自宅を売ったのは、自分たちにとって、住環境に求めるものの、取捨選択を考えるためでした。
今のままでは育児の負担が私に集中している、夫は時間を気にして思うように働けない、という課題の解決が最重要事項という結論に至りました。
ですので引越し先は夫の通勤先に30分のところ。頑張れば自転車でも行けそうです。
せっかく慣れた保育園が変わるのは、子どもたちにとって大きな負担ですが、小学校入学直前に理想の家が見つかるかはわからないし、そろそろ習い事なども始めたり、小学校以降の教育なども考え始めて、自分たちにベストと思える場所を選んだつもりです。
今注目されている湾岸のタワーマンションも真剣に検討しましたが、やっぱり地震が怖い、そして湾岸は現在バブルなので、将来的な価値が不明、、、ということもあり、断念しました。今湾岸を買っておけば、5年後くらいにはかなり高値で売れるかもしれないのですが、我が家は投資ではなくて自宅なので、簡単に引っ越すことはできません。

新浦安は、小さい子のいるファミリーには本当にこれ以上ないくらい良い所だと思います。広々とした青空、海が見える広い公園、自転車用と歩行者用通路が分かれている広い道。行政も親切ですし、都内の保育園戦争とも無縁。ほとんどの人が希望の保育園に入れます。都内の保活で疲れ果てている人には、絶対オススメしたいです(できれば賃貸で)。
生まれも育ちも海のそばなので、これから海のない生活に耐えられるか、若干不安ではありますが。行き先は地盤にこだわった結果、中央線沿線なのでした。




[PR]
by ivydesousa | 2015-06-01 16:31